ブレインダンプの方法とは【実例】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自分の立ち位置や、やるべき事を正確に把握する為には頭の中を整理しなければなりません。しかし、実際に頭の中の記憶や思考は、頭の中だけでは解決できないんですね。一見矛盾しているようですが脳にも当然容量がありますから。

と言う事で、簡単に脳内の記憶や思考を整理できる「ブレインダンプ」と言われる手法を紹介したいと思います。

 

ブレインダンプ

 

動画講義

 

 

ブレインダンプとは

 

頭の中の全ての事を吐き出す作業の事をブレインダンプと言います。この際に、口に出したりパソコンに書き出したりという方法もありますが、紙に書き出す方法が一番効果的です。欲を言えば口に出しつつ紙に書き出すとより良いです。

 

例えば、受験生は高校や予備校で、単語の覚え方を上記のようにやれと教わりますよね。ノートに書き出して口に出して読むと。これは記憶や思考の整理を対象とした場合、最も合理的なのでこのように教わる訳です。

 

少し分解して考えてみると「口に出す」という行為は聴覚にあたります。そして「紙に書き出す」という行為は視覚と触覚になります。これに対して脳内で考えるという行為では人間の五感と言われるどの感覚にも触れていないんですね。

 

人間の五感の内、最も多く使用するのは視覚です。割合としては全体の87%を視覚に頼っているそうです。(聴覚7%,触覚3%)

 

つまり記憶や思考の整理をする際には、最も脳を活性化させる視覚を多用するのが一番効果的なので、紙に書き出すと言う訳です。そして先ほど言っていた「口に出す」という行為を組み合わせれば、聴覚もプラスαされるので、人間の五感のトップ3(視覚,聴覚,触覚)を使う事ができます。

 

話が逸れましたが、ブレインダンプを行う上で効果的なのは、上記のような感覚をフルに使用して、脳内の事を整理し合理化していく事です。

 

具体的に書き出す内容

 

これははっきり言って何でも構いません。ブレインダンプは元々、脳内のコト、モノを全て吐き出して整理するという手法なので何を吐き出しても良いんですね。

 

しかし、初めてブレインダンプをするという方は何をやれば良いか分からないかと思います。当然僕も始めた当初はよく分かりませんでしたから。ですので初心者にオススメのテーマを4つ程紹介したいと思います。

 

【自分が欲しているコト】

ex)お金が欲しい、高級車に乗りたい、旅行に行きたい、おいしい料理を食べたい、服が欲しい、仕事をやめたい、嫁や子供に裕福な生活をさせてあげたい

【やらなければならないコト】

ex)家事、ランニング、自己投資、ブログの更新、ダイエット、運動、勉強

【やってはいけないコト】

ex)ゲーム、スマホいじり、長時間テレビを見る、決めた事を放り出す

【自分が出来るコト】

ex)一日3時間の勉強、毎朝のランニング、一日2記事のブログ更新

 

このように全く無秩序でも構いません。重要なのは脳内にある全てを吐き出して視覚化し、整理し易くすると言う事だからです。

 

逆に無秩序では無く、テーマを階層化して秩序立てても良いです。例えば【自分が欲しているコト】の為に【やらなければならないコト】は?のようにブレインダンプに決まりはないので、どのようにアレンジしても全く問題はありません。

 

つまり慣れてきたら、あなたに最も適した形で実践するのが一番効果的だと言う事なんですね。

 

継続の重要性

 

あえて言うまでもないですが、継続すればより洗練されたブレインダンプが出来るようになるので、当然結果も洗練されたものになります。

 

まとめ

 

僕自身、最初の内はどうせ効果ないだろとバカにしていたのですが、実際にブレインダンプをしてみると色々なコトが見えてきます。

そして今までは一本の思考法しかできなかったのが様々なルートや道が見えてきます。そしてモチベーションの向上も見込めるので是非チャレンジしてみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*