クリス・ペプラーに学ぶ目標設定の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どうも、kyoheiです。

僕はよく運転しながらラジオを聞くんですが昨日の夜、クリス・ペプラー氏が慶応義塾SFCの教授と対談していた内容が非常に興味深かったので、ご紹介します。

pic06022802

目標設定の方法

 

ラジオでの対談の内容は「英語」についてです。

当然の事ながらクリス氏は英語がペラペラですし、相手の教授も同様のようでした。

で、今回の対談で一番のメインテーマとなったのが、英語を学ぶ上での目標設定がもの凄く大切だ、といったような内容です。

 

具体的にどのような目標設定で学べばいいのかと耳をカッポジッテ聞いていると、僕にとっても凄く有益な情報が飛び込んできました。

どういう内容かというと大抵の人が英語を学ぶ、となると「英語を話せるようになる」という所を最終目標にするそうです。

言い換えれば、英語を習得したら終わりってことですよね。

 

このような目標設定を二人は否定していた訳ですが、英語を話せるようになる、という所をゴールにすると大概の人が途中でやめてしまうそうです。

で、本当なのかと僕の人生を振り返ってみました。

  • ギターを弾きたい→挫折
  • 筋肉をつけたい→挫折
  • ビリヤードのプロになりたい→挫折
  • プロキックボクサーになりたい→挫折

といった感じで、ほんの一例ですが見事に当てはまっていました笑。

 

で、二人が絶対にこうした方が良いって言っていたのが「英語を学んでその先に何をするのか明確にしろ!」という事です。

つまり、第一目標(英語習得)では無く、その先の第二目標(英語を学んで何がしたいのか)を目標にしろって事です。

こうする事によって第一目標を達成するのが容易になるとの事でした。

 

結構理屈っぽいので、また僕の人生を振り返ってみました。

  • 受験(その先のビジョンが見えていた)→成功

、、、、、、ってそれ以外思い浮かばねーーーー笑。

とまあ、判例は少ないものの確かに二人が言っていた事とマッチしていました。

 

でも突き詰めてみれば、彼らが言っていた事って理にかなっていて、
例えば、野球の帽子が欲しいって奴は帽子を買うか、買うのを辞めるかですよね?

でも野球の帽子を買って野球をしたいって奴は、ほとんど帽子を買うと思うんです。

ちょっと例えが意味不明ですが人間の行動心理ってこんな感じなんだと思います。

 

それで、二人の話を聞いて何が一番興味深かったかって、この目標設定の方法って英語を学ぶだけの話じゃなくて、何かに挑戦する時は何にでも当てはまるんですよね。

だから、僕が今やっている事にも当然あてはまるわけですね。

でも、気づいちゃったんです笑。

僕のブログのタイトルってまさに第一目標じゃん。って、、、、
まぁ、SEOとか色々あるんで当分は変えないですが、心の中では即急に変えておきます笑。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*