コカコーラの外から攻める販売促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どうも、kyoheiです。

先日、面白い動画を見つけたのでご紹介して行きます。
言わずと知れたコカコーラですが、非常に興味深い販売促進を行っていたので、まずはこの動画をご覧下さい。

 

誰かと協力して購入する自販機

 

簡単にこの動画について説明しますと、
人間の身長では手を伸ばしても届かない場所に、コイン投入口がある自動販売機を設置して、訪れる人たちがどのように購入するかを撮った動画になっています。

結構、意味不明ですよね笑。

 

なんで、わざわざ飲み物買うのに苦労しなくちゃいけないんですかね。

むしろ苦労した後に買うようなモノなのに。

とまあ、日本人を代表して言った訳ですが、外国の方達は物凄く楽しんでますよね。でも日本だけじゃなくて、諸外国でもあまり進んでこういう事に取り組める国って少ないのではないでしょうか。

 

理由は簡単で、飲み物を買うっていう事象に対しては全く必要のない事ですからね。

では、なぜコカコーラはこのような意味のない事をやっているのでしょうか?

 

意味のない事が意味のある事へ

 

結論から言いますと、コカコーラがこの動画でやっている事はブランディングの一環ですね。

もっと単純に言えば、イメージアップとか印象付けと言ったものにあたります。

 

一見して、先ほども言った通り全く意味のない事ですが、よくよく紐解いて行くと
ちゃんと収益につながる仕組みになっています。

 

あなたはこの動画を見てどう思いましたか?

 

僕の場合、
人と人のつながりっていいなー
みたいな事を思いました。

 

人と人のつながり?

コカコーラに関係あるんですかね笑。

 

確かに【人と人のつながり=コーラを買う】って言う事にはなりません。
でもこの動画を見た人にとっては、少なくとも悪いイメージはつきませんよね。

そして、訳の分からない事をやる事で強烈な印象をつけるのも可能になってきます。

 

阿部総理がいきなりブレイクダンスしたら一生忘れられないと思いませんか?
つまり、閲覧者の期待を裏切るって事ですね。

 

このように先ほどの動画では、暗にイメージアップと印象付けを行っているんです。

 

この戦略が閲覧者にばれてしまうと「いやらしい」といったように嫌悪感を与えてしまうので、暗に示して行くのが大切なんです。

 

だから結論として、意味分かんないけど、なんかほころんじゃうとか
幸せな気持ちになれる。といったようになる事で

直接的には意味の無い事だけど、間接的に意味のある事

にしているんです。

 

この動画見た後に自販に行ったら、なんか分からないけど物凄いコーラが良い商品に見えましたもん笑。

買わなかったですけど

 

では、また

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*