ダイレクトレスポンスマーケティング〜DRM〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回はメルマガアフィリと非常に相性が良く、莫大な収益を出す破壊力を秘めているダイレクトレスポンスマーケティングについて解説していきます。

僕が提供しているマーケティング手法の中でも重要なものなので、ここでしっかりと理解しておいて頂ければと思います。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは

 

顧客からの反応(要望や不満など)をダイレクトに受け取るマーケティング手法

 

つまり販売者からの一方通行の発信ではなく、顧客からの反応に直接答えて行く手法の事です。

 

この手法によってどのような事が期待できるのかという話ですが、

  1. 信頼関係の構築
  2. 顧客のニーズの明確化
  3. 途中で変更可能

順をおって解説します。

 

まず1の信頼関係の構築ですが、
例えば「悩みや質問などがあればこちらのお問い合わせから気軽に問い合わせて下さい」といったようなものを設置して顧客から来る悩みや質問に丁寧に答えて行きます。

そうする事により【不特定多数への発信】から【販売者とあなた】という関係に移行します。2人称で直接顧客の要望を満たす訳ですから当然、信頼関係が成り立ちます。

 

次に2の顧客のニーズの明確化についてですが、
1で説明したような方法で顧客からの不満や要望などがダイレクトにくるので顧客のニーズを簡単に把握することが可能となっています。

 

最後に3の途中で変更可能についてです。2で顧客のニーズを明確化することができたので、そのニーズに合わせて元々のプランから変更する事が可能となってきます。

 

では、あなたが顧客の立場だとして考えてみて下さい。

 

信頼している相手から自分の欲している商品が提供されたらどうしますか?

 

買う確率ってかなり高いですよね。
これがダイレクトレスポンスマーケティングが莫大な収入を得る事が出来る理由です。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングのやり方

 

ダイレクトレスポンスマーケティングは非常にシンプルで

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

の3要素で行うことが出来ます。

 

メルマガアフィリエイト×DRMで受験教材を販売していくとします。

 

まず、受験の無料レポートやランディングページからリスト取りをします。これが集客にあたります。

 

次に集客をしたリストに対して教育を行っていきます。「現代文の勉強の仕方は〜のようにするといいですよ」のような感じで行います。この教育の過程で受けての反応を促すようにして信頼関係を構築しておきましょう。

 

最後に販売を仕掛けます。「教育で教えたやり方ですがこの教材とかなり相性が良いですよ」みたいに教育と販売が直接つながるように工夫して行きましょう。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングを使いこなせば個人単位でも莫大な額を稼ぐ事ができるので是非やってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*