Google Analyticsの導入と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アクセス解析はブログ運営で必要不可欠な要素です。

解析から、どのような記事が訪問者から反応を得る事が出来るのか、またどこから訪問者が来るのか分析する事ができるからです。

さて、数あるアクセス解析の中でも何を基準に選べば良いのか。僕個人の意見ですが選ぶ指標は以下の項目です。

  1. 解析が正確か
  2. 機能が充実しているか
  3. 広告の有無

この3つになります。1と2に関しては、当てはまるものはあるのですが、3でほとんど引っかかります。

例えば、「i2iアクセス解析」の場合、解析も正確で機能もそこそこ充実しているのですが、このように広告が表示されてしまいます。(スマホから閲覧すると画面の1/10程、広告で覆われます)

広告

 

では、このような煩わしい事も無い、全ての条件を満たしているアクセス解析「Google Analytics」の導入方法と使い方を紹介します。

 

Google Analytics

 

1.Google Analyticsの導入方法【動画マニュアル】

 

Googleのアカウント取得を取得する(記事の下の方に動画講義があります)

Google Analyticsにアクセスする

サイトのIPアドレスを確認する

 

2.Google Analyticsの使い方

 

Google Analyticsで様々な分析を行うのは赤枠で囲んだ「レポート」からです。

Google Analytics使い方②

 

そして「レポート」の中でも主に見るのは、以下の3つ「ユーザー」「集客」「行動」です。

Google Analytics使い方①

 

高度な分析をする必要が出てくるまでは、この3つだけマスターしておけば問題ありません。

【用途】

ユーザー 訪問者数、PV(ページビュー数)、滞在時間などの主要な分析ができる
集客 どのような媒体から、どれほどのアクセスがあるのか分析できる
行動 訪問者がどのような動きをしているのか分析できる

 

では、それぞれの項目の使い方を具体的に紹介して行きます。

 

2-1.ユーザー

 

ユーザーをクリックすると下のように、ドロップダウンメニューが出てきますが、この中でもよく使用する、以下の3つの項目「サマリー」「ユーザーの環境」「モバイル」を紹介します。

Google Analytics使い方⑨

 

2-1-1.サマリー

 

Google Analytics使い方③

 

サマリーの使い方の説明に入る前に各項目の意味を把握しておいて下さい。

スクリーンショット 2014-09-24 13.45.08

【各項目の意味】

ユーザー 訪問者の総数※1人が2回訪問しても、カウントは1になる
ページビュー数 閲覧されたページの総数
セッション あるユーザーがサイトを訪問してから離脱するまでの行動の事※ユーザーが訪問してから離脱までしてカウントは1
※そのユーザーが再度訪問した場合、カウントは2(ただし30分以上の間隔が空いた場合のみ)

※1人がアクセスを頻繁にすればそれだけセッション数は上がって行く
※つまり「ユーザー数」よりも「セッション数」の方が必然的に多くなる
ページ/セッション 1ユーザーあたりの平均ページビュー数
平均セッション時間 ユーザーが訪問してから離脱するまでの平均時間
直帰率 訪問して最初の1ページ目だけを閲覧したユーザーの割合※数字が高ければ、それだけ1ページだけ見て離脱している確立が高い
新規セッション率 全体の内、新規にサイトを訪問した人の割合
New Visitor 全体の内、新規にサイトを訪問した人の割合
Returning Visitor 全体の内、サイトを再訪問した人の割合

 

では、各項目の意味を理解して頂いた所で、具体的な使い方を説明します。

 

「サマリー」をクリックするとこのような画面が出てくるので、赤枠の箇所から分析をしたい日時を決めて行きます。

Google Analytics使い方⑥

 

例えば、8月19日にカーソルを合わせると、その日だけの分析ができます。

Google Analytics使い方④

 

(日別分析の例)

スクリーンショット 2014-09-24 13.45.08

 

さらに、19日〜23日のように複数選択すると、その間の分析ができます。

Google Analytics使い方⑤

 

(複数日分析の例)

スクリーンショット 2014-09-24 13.46.51

日別や複数日を選択して分析するのが、主な「サマリー」の使い方です。

※集客や行動でも同様のやり方で日別、複数日の分析が行えます。

 

2-1-2.ユーザーの環境

 

「ユーザーの環境」で見て行く項目は「ブラウザとOS」です。

Google Analytics使い方⑦

 

このように、ユーザーが使用しているブラウザ毎のセッション数を見る事ができます。

スクリーンショット 2014-09-24 14.59.15

 

2-1-3.モバイル

 

「モバイル」では「サマリー」を見て行きます。

Google Analytics使い方⑧

 

このように「デスクトップ」「タブレット」「携帯」のセッションの割合を見る事が出来ます。

スクリーンショット 2014-09-24 14.59.35

 

2-2.集客

 

「集客」はどのような媒体からアクセスがあるのか分析する項目です。主に見て行くのは「サマリー」「すべてのトラフィック」「キーワード」になります。

Google Analytics使い方⑩

 

2-2-1.サマリー

 

まずは「サマリー」をクリックします。

Google Analytics使い方⑪

 

そうすると、このように各媒体からのセッション数が表示されます。

スクリーンショット 2014-09-24 15.39.30

 

【各媒体の詳細】

Organic Search 検索エンジンからのアクセス
Direct 直接URL入力、またはメルマガ(メール)のURLからのアクセス
Referral 他サイトに貼られたリンクからのアクセス(被リンク)
Social SNSからのアクセス

一番理想的なのは検索エンジンからのアクセスが最も多い場合かと思います。

 

2-2-2.すべてのトラフィック

 

Google Analytics使い方⑫

 

「すべてのトラフィック」をクリックするとこのような画面がでてきますが、先ほどの(Organic Search,Direct,Referral,Social)をさらに詳細にした結果となります。

スクリーンショット 2014-09-24 15.39.53

 

2-2-3.キーワード

 

「キーワード」には「有料検索」と「オーガニック検索」とありますが、見るのは後者のみとなります。

Google Analytics使い方⑭

 

「オーガニック検索」ではユーザーがどのようなキーワードで検索して訪問してきたのかを調べる事ができます。

Google Analytics使い方⑮

ただし上の画像のように「not provided」と表示され、検索キーワードが分からないものが大半を占めてしまいます。これは2013年9月から頻発しているようですが、現在対策法は無いそうです。

別のやり方で調べる方法はあるので“Google Analyticsのnot provided対策方法まとめ”を参考にして下さい。

 

2-3.行動

 

「行動」はユーザーがサイトに訪問してから、どのような動きをしたのか分析する項目です。

ここで、見て行くのは主に「サマリー」のみで大丈夫です。

Google Analytics使い方⑯

 

「サマリー」をクリックして、以下の項目を見て行きます。

スクリーンショット 2014-09-24 16.28.56

ページ別訪問数 各ページのセッションの合計
ページビュー数 閲覧されたページの総数
平均ページ滞在時間 ページ毎のユーザー平均滞在時間
直帰率 訪問して最初の1ページ目だけを閲覧したユーザーの割合
離脱率 任意のページだけを閲覧したユーザーの割合

 

そして、「ページタイトル」からどのページがどれほど閲覧されているのか確認する事もできます。

スクリーンショット 2014-09-24 16.28.35

 

2-4.リアルタイム

 

補足としてですが、「リアルタイム」ではその名の通り、現在サイトをリアルタイムで閲覧しているユーザーの数を見る事が出来ます。

 

まとめ

 

1.Google Analyticsの導入方法【動画マニュアル】

2.Google Analyticsの使い方
2-1.ユーザー
2-1-1.サマリー
2-1-2.ユーザーの環境
2-1-3.モバイル
2-2.集客
2-2-1.サマリー
2-2-2.すべてのトラフィック
2-2-3.キーワード
2-3.行動
2-4.リアルタイム

 

今回、紹介したのは以上の項目となります。

Google Analyticsは上記で解説したように多機能で広告も無いので、無料アクセス解析の中では最も優秀と言えるでしょう。

一見、使いこなすのが難しいように思えますがすぐに慣れるので、まだ導入していない人は当記事を参考に是非導入してみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*