Googleペナルティとは【対策と対処方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

トレンドサイトを運営していて一番怖いのはGoogleからのペナルティです。通常のブログ運営であれば、多少はアクセスが様々な媒体に分散化されますが、トレンドサイトの場合はほとんど検索エンジンからのアクセスがメインとなるからです。

具体的にはペナルティを受けると検索エンジン圏外に飛ばされたり、順位が大きく下がったりします。

今回はペナルティの種類、ペナルティを受けているかの確認方法、原因と対策、そして受けた場合の対処法を解説します。

Googleペナルティの種類

Googleのペナルティには大きく分けて「自動ペナルティ」と「手動ペナルティ」があります。

自動ペナルティとは、Googleのシステムが自動的にサイトにペナルティを課すもので、ペンギンアップデートやパンダアップデートなどのアルゴリズムの大変動で自動ペナルティを受ける場合が多く見られます。

つまり今までは引っかからなかったけれど、Googleのアルゴリズムの変動でペナルティの対象になってしまう可能性があるということです。

多くのアフィリエイターがこの自動ペナルティで順位が下がったとかワーワー騒いでいますが、僕自身アルゴリズムの変動で順位が下がったこともなければ、圏外に飛ばされたこともありません。むしろアルゴリズムの変動の度に順位は上昇しています。

当然下がる人がいるならば、上がる人もいるからです。

詳しくは後述の原因と対策方法で話しますが、Googleの理念をよく理解しないでいるからそういう事になるのです。

次に手動ペナルティについてですが、これは自動ペナルティより状況は深刻だと認識しておいてください。なぜなら、書いて字のごとく手動でペナルティを受けているからです。サーチクオリティチームという部署に属するGoogleの社員が直接サイトを見てペナルティを課しているんですね。

さて、ペンルティは自動や手動を問わずGoogleの理念や方向性、ガイドラインをよく理解しておけば極力避けることができます。しかし、誰にも原因が分からない状況でペナルティを受ける場合もあるので、そういったことも含め解説していきます。

Googleペナルティを受けているか確認する方法

まずは手動ペナルティを受けているかの確認方法ですが、確認するには必ずGoogleウェブマスターツールが必要なので導入方法を参考にあなたのサイトと紐付けておいてください。

紐付けた後の確認方法は簡単で、Googleウェブマスターツールのダッシュボードの「手動による対策」を見るだけです。

手動ペナルティ①

ペナルティを受けていなければこのように表示されます。

手動ペナルティ

万が一ペナルティを受けている場合は、このような通達がきます。

手動ペナルティ④ 手動ペナルティ③

次に自動ペナルティの確認方法ですが、Googleウェブマスターツールで確認することはできないので、代わりにセーフブラウジングという方法で確認します。

以下の黄色い部分に確認したいサイトのURLを入力して検索をかけます。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=確認したいサイトのURL

何も問題がなければこのように表示されます。

自動ペナルティ

問題が発生したことがないので、分からないのですが何か問題があれば、その旨が記述されているかと思います。

Googleペナルティの原因と対策

ペナルティの原因に関して自動や手動は論点ではありません。問題なのは、Googleがペナルティを課すようなサイト運営であるかどうかなのです。

さて、具体的には様々な原因が考えられますが、ペナルティを受ける多くの場合にGoogleのウェブマスター向けガイドラインの品質に関するガイドラインに抵触しています。

例えば

  • 背景色と文字色を同じにするなどの隠しテキストや隠しリンクの作成
  • コンテンツ内に過度のキーワードの詰め込み
  • 自動で作られたページの使用
  • オリジナリティのあるコンテンツが乏しい
  • SEO目的でのリンクの購入や販売

などが挙げられます。

これら以外にもペナルティの対象はガイドラインに詳しく書いてあるので、必ず確認しておいてください。

対策方法ですが、あれこれ考える前にGoogleの品質に関するガイドラインにしっかりと目を通し、最低でもそれらに抵触しないようにしてください。

これだけでもほとんどの場合はペナルティを回避できますが、冒頭でも言ったように、原因不明のペナルティを受ける場合もあります。

これに関しては僕も正直、原因は分かりません。というよりも分かる人はいないのではないでしょうか。

なぜならGoogleのアルゴリズムは大小含め毎日変更されています。パンダやペンギンアップデートが目立つだけで、実は年間に数百回も変更されているのです。つまりアルゴリズムの変更に合わせて対策をしていくのは不可能な話なのです。

ですので、サイト運営者がペナルティを回避するためにはガイドラインをよく読み、Googleの理念や方向性をよく理解しておくことが、最大のペナルティ対策であると言えます。

Googleペナルティを受けた場合の対処方法

ペナルティの解除方法は自動、手動で異なります。

自動ペナルティの場合は、先ほど紹介したガイドラインに沿って問題箇所を修正すれば、多少待つことにはなりますが自動でペナルティは解除されます。

しかし、手動のペナルティを受けた場合は自動解除はされないので、Googleウェブマスターツールから再審査リクエストをしなければなりません。

具体的に再審査リクエストで記述することは、どこにどのような修正を加えたのか、そして修正箇所が分からない、あるいは修正が困難な場合はその過程でしたことを記述することになります。

※再審査をリクエストする場合は“Googleペナルティ解除事例”に詳しく書いてあるので、参考にするといいかもしれません。

注意点として、手動ペナルティは自動ペナルティに比べ、解除されにくい傾向にありますので、万が一解除されない場合は諦めて新規にサイトを立ち上げましょう。

ずるずると運営していても、順位が戻ることもないので思い切った方が精神的にも肉体的にも健全です。

まとめ

ペナルティの解除方法なども紹介してきましたが、重要なのはペナルティとは無縁なサイト運営をすることです。ペナルティを受けると致命的な状況にも陥りかねないので、Googleが公開しているガイドラインや理念にしっかりと目を通し、健全なサイト運営をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*