Jetpack by WordPress.comの使い方【詳細解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Jetpack by WordPress.comは様々な機能をまとめて利用できる超便利プラグインになります。例えばアクセス解析ができたり、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアと連携(記事の同時投稿)できたりなど、欲しい機能が30以上も凝縮されているんですね。では、実際にインストールから使い方までを紹介したいと思います。

 

Jetpack by WordPress.com

 

1.Jetpack by WordPress.comのインストール方法

 

まずはダッシュボードから「プラグイン」⇒「新規追加」と進みます。

Jetpack by WordPress.com①

 

次に「Jetpack by WordPress.com」と検索をかけます。

Jetpack by WordPress.com②

 

続いて「いますぐインストール」をクリックします。

Jetpack by WordPress.com③

 

最後に「プラグインを有効化」をクリックしてインストールは完了です。

Jetpack by WordPress.com④

 

ローカルからダウンロードする方はこちら

 

2.Jetpack by WordPress.comとWordPressの連携

 

プラグインのインストールが完了すると「インストール済みプラグイン」に以下のように表示されるので「WordPress.comと連携」をクリックします。(連携をしないと一部の機能が使えません)

Jetpack by WordPress.com⑤

 

ここでユーザー名とパスワードを入力するのですが、WordPress.comからアカウントを取得する必要があるので取得しておいて下さい。

Jetpack by WordPress.com⑥

アカウントを取得したらユーザー名とパスワードを入力して「Jetpackの認証」をクリックします。

 

これで以下のように「準備ができました!」と表示されるのでJetpackとWordPressの連携は完了です。

Jetpack by WordPress.com⑦

 

3.機能の有効化と停止&設定方法

 

冒頭でも言った通りJetpack by WordPress.comには機能が大量にあるので、使う機能を選ぶ必要があります。デフォルトで有効になっている機能もありますが、それ以外は用途に合わせて有効化していきます。

 

まずダッシュボードから「Jetpack」⇒「Jetpack」と進みます。

Jetpack by WordPress.com⑩

 

開いたページの下までスクロールすると「Jetpack 機能」と機能一覧が表示されるので、この一覧から使いたい機能を選択して有効化します。

Jetpack by WordPress.com⑪

 

例えば「サイト認証」という機能を使いたい場合は赤枠の箇所をクリックします。

Jetpack by WordPress.com⑭

 

そうするとこのような画面が開くので「有効化」をクリックします。これだけで簡単に機能を有効化する事ができます。

Jetpack by WordPress.com⑫

 

有効化した後に、再度機能のアイコンをクリックすると、このような画面に変わります。機能の詳細設定をしたい場合は赤枠の「設定」に進みます。停止したい場合は青枠の「停止」をクリックして下さい。

Jetpack by WordPress.com⑬

 

4.Jetpack by WordPress.comのオススメ機能

 

Jetpack by WordPress.comの機能全てを使おうとしても多過ぎて煩わしいだけなので、ここでは便利なオススメ機能を紹介します。

 

4-1.WordPress.com 統計情報

 

ここでは簡単なアクセス解析を行う事ができます。

Jetpack by WordPress.com⑮

 

設定では以下の項目を変更できますが、デフォルトのままでOKです。(変更したい箇所があれば変更して下さい)

Jetpack by WordPress.com⑰

 

続いて統計情報の見方ですが、ダッシュボードから「Jetpack」⇒「サイト統計情報」と進みます。

Jetpack by WordPress.com⑯

 

上段部分では以下の事を見る事ができます。(本来は中央にグラフがあります)

Jetpack by WordPress.com⑱

Today 今日のPV数
Best ever 1日あたりのPVの最大数(今まで)
All time Jetpack導入時からのPV数とコメント数の総計

 

下段部分では以下の項目を見る事ができます。

Jetpack by WordPress.com⑲

Referrers どこを経由して来たのか
Top Posts & Pages どのページにアクセスが多いのか
Search Engine Terms どのようなキーワードで検索されたのか
Clicks どのリンクをクリックされているか
Subscriptions 購読者数

 

4-2.パブリサイズ共有

 

パブリサイズ共有ではソーシャルメディア同時投稿の設定とソーシャルボタンの設定の2つの設定ができます。

Jetpack by WordPress.com⑳

 

【ソーシャルメディア同時投稿の設定】

 

同時投稿するには連携したいソーシャルメディアの「連携」ボタンをクリックして各ソーシャルメディアのアカウント情報を入力するだけです。

Jetpack by WordPress.com22

 

設定後はこのように連携しているアカウント名が表示されます。なお、1つのソーシャルメディアに複数のアカウントを設定したい場合は「新規追加」から追加する事ができます。

Jetpack by WordPress.com23

 

例えばTwitter,Facebook,Google+で同時投稿した場合、以下のように投稿されます。

【Twitter】Jetpack by WordPress.com26
【Facebook】Jetpack by WordPress.com24 【Google+】Jetpack by WordPress.com27

 

そして記事毎に投稿するソーシャルメディアを選択する事も可能です。記事投稿画面に以下のような項目が追加されるので、編集をクリックします。

Jetpack by WordPress.com28

 

チェックの有無で選択できます。

Jetpack by WordPress.com29

 

【ソーシャルボタンの設定】

 

設定画面を開いたら、以下のように追加したいボタンをドラッグ&ペーストとして「有効化済みのサービス」にいれます。

Jetpack by WordPress.com31

 

追加し終わったら、「ライブプレビュー」で表示されるボタンのデザインを見る事ができます。

Jetpack by WordPress.com32

 

下にスクロールするとこのような設定項目があるのですが、以下は必要な箇所のみの解説となります。

Jetpack by WordPress.com33

ボタンのスタイル ボタンのデザインを選べます
共有ラベル ボタンの左に表示されるテキストです
リンクを開くウィンドウ ボタンがクリックされた際に開くウィンドウ場所
ボタン表示 どのページにボタンを表示させるか

 

実際にはこのように表示されます。

Jetpack by WordPress.com34

 

4-3.コンタクトフォーム

 

この機能は投稿ページや固定ページに簡単にコンタクトフォーム(お問い合わせ)を作成する事が出来ます。

Jetpack by WordPress.com44

 

有効化すると投稿画面に「お問い合わせフォームを追加」というボタンが追加されます。

Jetpack by WordPress.com35

 

「お問い合わせフォームを追加」をクリックすると編集画面が開きます。

Jetpack by WordPress.com36

 

基本機能として、赤枠の横棒で項目を削除できて青枠で追加する事が出来ます。

Jetpack by WordPress.com37

 

項目にカーソルを合わせると「編集」とでるのでクリックすると詳細編集が出来ます。

Jetpack by WordPress.com39

 

「ラベル」は項目の表示名ですが、「フィールドの種類」では以下の中から任意のフィールドを選択する事ができます。

Jetpack by WordPress.com40

 

全て編集し終わったら、コードが記入された事を確認して記事を公開します。

Jetpack by WordPress.com41

 

公開すると、このようにコンタクトフォームができあがります。(固定ページでも同様のやり方で作成可能です)

Jetpack by WordPress.com42

コンタクトフォームはグローバルメニューやサイドバーに設定すると訪問者がコンタクトを取りやすいのでオススメです。

 

コンタクトフォームから来た過去のメッセージはダッシュボードの「フィードバック」から確認することができます。

Jetpack by WordPress.com43

 

4-4.追加ウィジェット

 

追加ウィジェットでは、その名の通り便利なウィジェットを追加してくれます。

Jetpack by WordPress.com45

 

以下のように「RSSリンク」「Facebook Likeボックス」「Twitterタイムライン」「画像(画像をウィジェットに簡単に挿入)」などのウィジェットが追加されます。

Jetpack by WordPress.com46

 

4-5.購読

 

購読を有効化すれば、読者が簡単にあなたのブログを購読する事ができます。

Jetpack by WordPress.com47

 

有効化するとウィジェット編集画面に以下のように「ブログ購読」という項目が追加されます。

Jetpack by WordPress.com48

 

実際はこうのようになっていて、読者がメールアドレスを入力すれば購読できるようになります。

Jetpack by WordPress.com49

 

4-6.モニター

 

モニターはサイトがダウンor復帰した際に指定したメールアドレスに通知をしてくれる機能です。5分おきにチェックしているので、モニターを有効化しておけば、いち早く問題を発見し解決をする事ができます。

Jetpack by WordPress.com50

 

有効化しただけでWordPressで登録しているメールアドレスに通知が届く設定になっていますが、変更したい場合は赤枠の「編集」から別のアドレスに指定する事もできます。

Jetpack by WordPress.com51

 

まとめ

 

Jetpack by WordPress.comは当記事で紹介した以外にも数多く機能があるので、優先的に導入すべきプラグインです。特にパブリサイズ共有は凄く便利ですので是非インストールしてみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*