Link to Postプラグインの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

記事投稿の際に内部リンク(自サイト内のリンク)を貼る事って結構ありますよね。滞在時間やPVを上げたり、SEO対策として積極的に行っている方も多いかと思います。

ですが、リンクを貼るのって意外とダルいですよね。

  1. 別の記事を開く
  2. URLをコピーする
  3. 投稿画面に戻る
  4. リンクを貼る

このような作業をしなければいけないので正直、簡易化したいところです。まぁWordPressのプラグインはドラえもんのポケットのように何でも出てくるので、こんな事にも対応できますが笑。

と言う事で、内部リンクを一瞬で貼る事ができるプラグイン「Link to Post」を紹介したいと思います。

 

Link to Post

 

1.Link to Postのインストール

 

まずはダッシュボードから「プラグイン」⇒「新規追加」と進みます。

Link to Post①

 

次に「Link to Post」と検索をかけます。

Link to Post②

 

続いて「いますぐインストール」をクリックします。

Link to Post③

 

最後に「プラグインを有効化」をクリックしてインストールは完了です。

Link to Post④

 

ローカルからダウンロードする方はこちら

 

※Link to Postはインストールするだけで使用する事が可能です。簡単な設定はできますが、デフォルトのままで使用する事をオススメしています。

 

2.Link to Postの使い方

 

Link to Postのインストールが完了すると、投稿ページにこのようなアイコンが追加されます。

Link to Post⑤

 

まずは、リンクを貼りたい文字を選択してアイコンをクリックします。

Link to Post⑥

 

貼り方は至って簡単で、「Post(投稿)」「Page(固定)」「Category(カテゴリ)」「Tag(タグ)」の中からリンク先を選択してクリックするだけで、簡単にリンクを貼る事ができます。

Link to Post⑦

 

記事が大量にあって、探すのが面倒くさいと言う方は検索する事もできます。

Link to Post⑧

記事のキーワードを入力
in title(タイトル)
in content(記事内)
in both(両方)
カテゴリ単体
all categories(全てのカテゴリ)

 

上の表に沿って検索をかけることで、簡単に目的の記事を見つける事ができます。例えば、「WordPressの便利プラグイン」というタイトルの記事を探したいのであれば、①WordPress②in title③指定しているカテゴリといったように検索をかける事で対象を絞る事ができます。

また、「具体的には覚えていないけど記事内にコピーライティングってワードをいれてたなー」なんていう場合は①コピーライティング②in content③all categoriesと検索をかければ対象を絞る事ができます(この場合は多少、対象が多くなります)

 

 

直接探すか、検索をするかで挿入したい記事を選択すると、このように簡単にリンクを貼る事ができます。

Link to Post⑨

 

3.リンク先を新規タブにする方法

 

通常は、リンクをクリックしても同じタブ内(ウィンドウ内)でリンク先に移動します。ただし、別のタブ(新規タブ)に移動させたい場合も多々ありますよね。そういった場合は以下の2つの方法で簡単に別のタブに移動させる事ができます。

 

3-1.WordPressの機能で新規タブに移動させる方法

 

この方法は物凄い簡単で、リンク文字を選択した後に「リンクの挿入/編集」をクリックします。

Link to Post⑩

 

そして以下の箇所にチェックを入れるだけでリンク先を新規タブにする事ができます。

Link to Post⑪

 

3-2.タグを編集して新規タブに移動させる方法

 

以下の方法は、どのような状況下でも使えるのでマスターしておくと便利です。

 

通常、文字(テキスト)にリンクを挿入するとこのようなタグになります。

 

少し難しいので、簡単にするとこの箇所がリンク先のタグです。 つまりリンク先を新規タブにしたい訳ですから、この箇所を編集すればいいんですね。

 

新規タブに飛ばすタグは以下になります。

 

これを先ほどのタグに追加するとこうなります。

 

では、全てを合わせてみます。

 

これでリンク先を新規タブにする事ができます。
そしてtarget=系には他にも以下のようなものもあるので記憶の片隅にでも置いておいて下さい笑。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*