モチベーションを簡単に上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

普段、ルーティーン作業をしていると、どれほどやる気を持って望んでいてもモチベーションが低下する場面が出てきます。そういう時は何をやっても上手く行かないですよね。と言う事で今回はモチベーションが下がった時の簡単な対処法を紹介したいと思います。

 

モチベーション

 

動画講義

 

 

モチベーションが低下した際の弊害

 

人間はモチベーションが高い時と、低い時では天と地ほどの作業効率の差があります。そしてモチベーションが下がっている時には、普段は気にもしていない事でも気になります。こうなってしまうと作業や仕事から離脱してしまったりするんですね。

 

身近な例で言えば、「今日は楽しんで明日からやろう」と言ったような状況です。モチベーションが低い時に限って、このような事を考えてしまいますよね。

 

少し個人的な話になってしまいますが、僕は「明日やろうは100%やらない」と考えています。なぜなら明日やろうと作業や仕事を後回しにして、上手く行った試しが無いからです。

 

これは簡単な話で、今できなければ明日できる確率は下がり、次の日にはさらに下がります。つまりモチベーションが下がれば下がるだけ、作業や仕事から遠ざかる可能性が増してしまうんですね。

 

モチベーションを簡単に上げる方法

 

モチベーションを日本語にすると「動機付け」になります。これを理解した上で、以下を読み進めて下さい。

 

簡単にできる方法の1つ目は、確実にモチベーションが上がる人とコンタクトを取る事です。例えば、あなたが信頼しているメンターとコンタクトを取ればモチベーションは上がりますよね。(モチベーションが上がらないメンターなら変えた方が良いです)

 

悪影響を及ぼす人もいますが大抵の場合、似たような道を歩んでいる人、歩んできた人、あるいはその道での成功者とコンタクトを取ればモチベーションは必然的に上がってきます。スポーツをやっていた人なら分かるかと思いますが、プロの試合を観に行った後はモチベーションが激増しているかと思いますが、あれと同じ事です。

 

2つ目はモチベーションを上げる「決まり事」を設定する方法です。これに関しては別になんでも良いのですが、試合前に手のひらに人と書いて飲み込むとかやっている人がいますが、ああいう類の決まり事になります。

 

例えば僕の場合、作業をする前やモチベーションが下がった時には必ずホリエモンちゃんねると言うビジネス番組(YouTube番組)を観てから始めています。

 

この場合、内容にもこだわっていて自分がこれから行う内容と「決まり事」の内容を合わせています。再度スポーツの例になりますが、バスケットボールのドリブルの練習をする前に、ドリブルが上手いプロ選手のDVDを見ればモチベーションは上がりますよね。

 

こう言ったようにモチベーションが下がった時、そして作業をする前にはあなたがこれから行う事と類似した「決まり事」を行うとモチベーションを簡単に上げる事ができるかと思います。

 

まとめ

 

モチベーションを常に維持するのは並大抵の事ではありません。おそらくやる気のある内は、自分のモチベーションが下がるなんてありえないと豪語するでしょう。しかし断言しますがモチベーションは100%下がります。

ですので、当記事で紹介した方法を含め、モチベーションが下がった時にも対処できるようにしておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*