プログラミングをはじめる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

どうも、kyoheiです。

先日、「これからの時代にプログラミングがどれほど重要か」という事に焦点をあてた記事を見つけたのでご紹介します。記事はこちら→プログラミングを学べば職に困る事は無い

16-chamath-palihapitiya-608x400

プログラマーの需要

 

この記事を見たら分かると思いますが、プログラマーの数は2020年におよそ40万人しかいないそうです。

これって衝撃的ですよね。

僕たちが普段生活して行く上で、当たり前のように利用しているスマフォやPC、もっと言えば社会現象を巻き起こしている「パズドラ」他、ダウンロード数が1年で1000億規模の市場を持つスマフォアプリも全てプログラミングが無ければ成立しないモノなんですよね。

この現実を見てみると、さぞ多くのプログラマーがいて必死に職を争っているなんて思いがちですが、実際は全く足りていない状態で全世界で2020年に40万人のプログラマーしかいない中、アメリカだけでも100万人は必要らしいです。

ということは、世界規模で見る以前にアメリカが必要としているプログラマーの数さえ世界にはいないんです。

 

これって需要と供給が全く比例していない状態ですよね。だからFACEBOOK元役員の方も「プログラマーが職に困る事は無い。私が保証しよう」なんて断言できる訳です。

 

プログラミングをはじめる

 

さて、なぜ僕がこの記事に出会う事になったのかという事を話しておきます。

 

これまでの経緯は、

起業したいネットビジネスをはじめるアフィリエイト開始

という流れできている訳です。
この事になんの迷いもないですし、これからも当然継続していくつもりです。

ではなぜ、プログラミングをはじめたいと思ったのか。
そこです。

 

この業界でトップと言われる人たちに凄く疑問を感じるんですよね。

例えば、
遊んでいるだけで金が発生する。とか1日3時間の作業しかしてない。といったような事を宣伝文句にしている人が大抵だと思います。

確かにそのようになるシステムも理解できますし凄いとも思います。

でも見ていて金に酔っている感がもの凄いんですよね。というか、もしアフィリエイトにおけるアルゴリズムが大きく変わったらこの人たちどうするんだろう、って思う訳です。率直に

 

実態はわからないですよ?
もしかしたら時代の変化に対応できるようにあらゆる作を打っているのかもしれないですけど、

でもそう考えてるのって一部の人だけのように思えます。

こういった事に危機感を覚えて、どうせ死ぬ気でやるって決めたんなら色んな事にチャレンジして最終敵に体系化しようって思ったんです。

死ぬ気でとか奇麗ごと言っていますが、本質はリスクの分散化をしたいって事ですね笑。

こんな経緯でプログラミングも勉強してみようと思ったんです。もっと言えばエクセルやパワーポイントも

なぜかと言えば冒頭の話でも出た、需要に対して供給があまりにも少ないからです。これって裏を返せばビジネスチャンスと言えますよね。

 

そして、今勉強しているアフィリエイトも他の事に大きく応用できると思うんです。

大学生で時間だけは大量にあるので、これを有効活用しない手はないですよね笑。社会人アフィリエイターの人なんかは欲しくても手に出来ないものですから!

 

では、今回はこの辺で

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*