SEO外部対策において検索順位に大きく影響する7つの要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SEO対策における優先度はサイト内を最適化する内部対策には劣りますが、外部対策も必須と言えるでしょう。

しかし、多くの場合、外部対策と言えば「被リンク!」「サテライトサイト!」のように事を簡略化しすぎるんですね。つまり「質」という概念が抜けているわけです。そういった事も含め外部対策で施策しておくべき7項目を紹介していきます。

 

SEO 外部対策

 

外部対策とは

 

内部対策がサイト内を最適化するという概念ならば、外部対策は、外部からのサイトへの評価を高めるための施策のことをいいます。

簡単に言えば「これだけサイト外から評価されている」とGoogleにアピールするわけです。

これらを踏まえ、冒頭で述べた内部対策よりも重要度は下がるということを理解していただけたかと思います。仮に外部対策を2次的評価とするならば、サイト内の直接的な事情を最適化する内部対策は1次的評価に値するからです。

 

さて、Googleは外部からのどのようなアプローチを高く評価するのでしょうか。具体的な項目を以下に羅列していきます。

 

被リンクの質

 

被リンクとは他サイトから自サイトへのリンクのことを指しますが、被リンクを送る他サイトの質によってSEO効果は上がります。

仮にGoogleから全く評価されていないサイトからいくら被リンクを受けた所で、SEO効果は微々たるものです。

一世代前まではリンクの質よりもリンクの数が重要視されていたので、サテライトサイトなどを量産し、メインのサイトに被リンクを送るという事態が横行していました。

しかし、Googleは常に良質なコンテンツを検索エンジン上位に表示させようと努力しているため、無意味な被リンクばかりで上位表示されているようなサイトは自然と淘汰されていきます。

この一節を見ていただければ、その意味が分かるかと思います。

ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

Google公式ブログ

 

では、どのようにすれば自然に質の良い被リンクを受けられるのか。
これに関しては良質なコンテンツを発信していく他ないのです。単純に「このコンテンツ良い」と思わせるだけなんですね。

それ以外の方法があるならば聞いてみたいのですが、良質なコンテンツを地道に発信し続けていればいつかは日の目を浴びるということです。

 

被リンクの数

 

良質なサイトからの被リンクには劣りますが、明らかに大量の被リンクを受けている場合にはやはりSEO評価の対象になるので、あなたなら、どのようなコンテンツに対して被リンクを思わず送りたくなるかを想定しながら、コンテンツ作りを心がけましょう。

 

ソーシャルメディアでのシェアの質

 

知らない人も多いかもしれませんが、実はソーシャルメディアで拡散してくれるアカウントの質もSEOに影響を及ぼします。

つまり、FacebookやTwitterで捨てアカウントを量産し、中身の無いアカウントで「いいね!」や「ツイート」を増やした所でほとんど意味はありません。

 

しかし、自己ブランディングのために捨てアカウントで「いいね!」や「ツイート」数を上げるのは意味があるかと思います。

綺麗事抜きで言うと、単純に拡散数の多いサイトを見ると、良いサイトなのかと錯覚してしまうからです。その他にも「いいね!」数が0のサイトよりも100あるサイトの方が便乗して拡散しやすいのも確かです。

 

ソーシャルメディアでのシェアの数

 

実は一昨年あたりからFacebook、Twitter、Google+における拡散のSEO効果は上昇しています。そのため、より拡散されるようなコンテンツ作り以外にも、拡散ボタンなどの視覚的位置も意識しておくことをおすすめします。

 

サイト情報発信国の明確化

 

Googleの検索順位決定の指標の一つとして、日本内では日本発信のサイトが優先的に上位表示されるようになっています。

例えば、英語で検索をかけたとしても、海外のサイトが表示されることは、ほとんどありません。つまり、日本内で情報を発信しているということを積極的にアピールする必要があります。

 

その方法の一つとしてGoogleウェブマスターツールでインターナショナルターゲッティングを日本に設定するという方法があります。こうすることで、より正確にインデックスされると言われています。

その他にも、サーバーを日本製のものにするなどの対策方法もあります。

 

パーソナルヒストリー

 

自分のサイトを検索した時に思いもよらず、検索エンジン上位に表示されていて、一時は歓喜したものの、普段使っているPCとは別の媒体で検索してみると全然だったなんて経験はないでしょうか。

これはGoogleのパーソナルヒストリーというシステムで、頻繁に閲覧しているサイトは検索エンジンに優先的に上位表示されるようになります。

あなたが第三者のサイトを頻繁に閲覧している場合でも同様のことが言えます。つまり、誰からも評価されないようなサイト作りを続けていると、多くの人が頻繁に訪問しているサイトからさらに離されてしまうということです。

 

ソーシャルヒストリー

 

パーソナルヒストリーと同様に、例えばあなたがソーシャルメディアで頻繁に拡散しているサイトは、あなたがGoogleの検索エンジンを使用する際に優先的に上位表示されるようになります。

つまり、ここでも同じように拡散数の少ないサイトは自然と淘汰されていってしまうわけです。

 

ソーシャルヒストリーと言えるかどうかは疑問ですが、Google+はそういった面で非常に効果があります。

なぜならフォローされるだけで、フォロワーの検索エンジン上位に優先的に表示されるからです。それも少しのレベルではなく、検索キーワードに関連する記事であれば、ほとんどの場合1ページ目の2,3番目に表示されます。

つまり、Google+で増やしたフォロワーの数に比例して、あなたのサイトへの訪問者は必然的に増えていくということです。

詳しくは、Google+のSEO効果で実際の検証を含め、詳しく解説しているので、参考にしてください。

 

まとめ

 

当記事で紹介した項目では、具体的に「このように対策した方が良い」ということはなかなか言えません。なぜなら、良質なコンテンツを作成する他無いからです。

一般的にSEOを攻略する上で、「良質なコンテンツ」を心がけてください、とはあちこちで言われていますが、なぜ良質なコンテンツを作成する必要があるのか、そしてGoogleのアルゴリズム決定における姿勢や考え方などはどのようなものなのか、といった本質まで理解した上で、そのように言っている人は少ないように思えます。

ネットビジネス業界では特にそのように感じます。

上記の項目への具体的な対策は無いにしても、知っているのと、そうでないのでは明らかにコンテンツ作成に対する姿勢が変わってくるかと思うので知っていて損はないかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*