ソーシャルメディアマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今の時代ソーシャルメディアを使っているのが当たり前になってきてますよね。

ソーシャルメディアのユーザー数は4965万人でインターネット利用者の過半数声を果たすと言うとんでもない数に膨れ上がっています。

 

なにが言いたいのかといいますと、はっきり言ってこれを有効活用しないのはもったいなすぎます。今回はそのソーシャルメディアを使ったマーケティングについて解説していきます。

 

ソーシャルメディアマーケティング

 

ソーシャルメディアマーケティングとは

 

拡散性、アクティブ性、コミュニケーション性を活かして集客、教育、販売をしていくマーケティング手法

 

ソーシャルメディアの有効的な使い方

 

Twitter
  • 集客(ツールで自動化してフォロワー数を増やすのがおすすめです)
  • 教育①(ツイートをしていくのですが場合によってはツールを使ってツイートさせるのも有効ですが、基本的には自分で更新していった方が業者感がでないので良いですし、ツイートで共感を得れば拡散やファン獲得も狙えます)
  • 教育②(お気に入り登録やリツイートで好感を得る方法も効果的です)
  • 販売(楽天アフィリなどで直接Twitter内で販売してもいいですが、サイトやメルマガ、商品販売ページへのリンクを貼ってそこに誘導しても効果的です)

 

※ Twitterの自動集客ツール(1日に数十人〜数百人フォロワーを増やす)は僕のサイトの【オススメ教材&ツール】でも販売しております

 

Facebook
  • 集客(動画内ではツールが無いみたいな感じになっていますが一応あるようです)
  • 教育①(Twitterよりも濃い情報が発信できるので、ブログ記事を載せても良いですしFacebookのみでの情報を発信していっても効果的です)
  • 教育②(オピニオンリーダーに積極的にからんでいったり、コメントやいいねボタンでどんどんコミュニケーションの輪を広げたりファンを獲得して行きます)
    ※ オピニオンリーダーとは影響力や発言力のある人
  • 販売(基本的にはTwitterと同じような感じです)

 

LINE
  • 集客(例えば、メルマガに登録してくれたらLINEコンサルのグループ参加ができます。といったような感じでLINEに誘導して行く)
  • 教育(TwitterやFacebookよりも親密度の強いソーシャルメディアなので悩みや質問などに積極的に答えて行く)
  • 販売(親密度が上がったらさりげなくオススメ商材なんかを紹介していきます。親密度が高い分、購入率も上がってきます)

 

ほんの一例ですが、このようにして有効的にソーシャルメディアを使って行きます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*