特化型トレンドアフィリエイトと近況について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

随分と久しぶりの更新になります笑 kyoheiです。

新規にメルマガに登録して頂いた方からは「もうコンサルはしていないんですか?」などのご質問を頂いたのですが、正にその通りで以前の企画に参加していただいた方を最後にコンサルは完全に行っていませんでした。

というのも、メルマガ読者なだけで特に面識はないのですが、えのやん!さんという方の無料レポートが僕にとってはヤバイ内容だったんですね。

その内容を自分のフィルターを通して消化し、とにかく実践してみようとこの数ヶ月間いくつもサイトを立ち上げ挑戦してみました。

その結果、PV数はもちろんのことアルファブロガーのブログに載せて頂いたり、有名人や有名企業にツイートして頂いたり、企業からの広告設置依頼などが数件くるようなブログもいくつか作成することができました。

もちろん、本当かよという疑問が出てくるかとは思いますので、一部証拠を公開します。

サイト自体は現在作成中の新企画で公開する予定なので、ツイートなどURLがバレてしまう情報は控えますが。

さて、ブログの更新がない間、一体何をやっていたのか。その内容を一部サイトのPV数の推移と共にお届けしていこうかと思います。

特化型とトレンドの融合!?

僕がこの数ヶ月間の間に実践していた内容は正に見出しの通りで、「特化型サイトとトレンドサイトの融合」です。

一般的に、特化型サイトとトレンドサイトとは以下のように認識されています。

特化型サイト
手法 ある分野に特化した情報を扱う手法
メリット
  • SEO攻略により、頻繁な記事更新が不要
  • 安定的なアクセスを獲得できる
  • アドセンス広告の他、成約型広告なども扱いやすい
デメリット
  • 爆発的なアクセスは獲得し辛い(キーワードボリュームによる)
  • アドセンスの収益はそれほど見込めない
トレンドサイト
手法 トレンド情報を幅広く扱う手法
メリット
  • SEOの知識や技術がそこまで必要とされない
  • 初心者でも収益を獲得し易い
デメリット
  • 記事更新を止めるとアクセス数が一気に下がる
  • 毎日新情報を扱うので情報収集がめんどう

これら2つの手法は一見相反するように見えますが、実は共存することができます。

特化型トレンドサイト
手法 ある分野に特化しているが、定期的にトレンドになる情報を扱う
メリット
  • SEO攻略で安定的なアクセスを獲得できる
  • 定期的に爆発的なアクセスを獲得できる
  • そこまで頻繁に記事更新をする必要がない
デメリット
  • SEO攻略とトレンド情報に敏感でなければならないため、難易度は少し高い

少し分かり辛いので、具体的な例を出していきます。

例えば、ダイエットに特化したサイトを運営しているのであれば、検索ボリュームと比例してアクセスも平行線になります。

対照的に、トレンドサイトは幅広いトレンド情報を扱っていくので、日によってアクセス数の振れ幅が大きくなります。

しかし、この2つを融合すれば日による振れ幅を無くし、定期的にアクセスが上がるようにすることができます。

極端な例で言えば、「AKB48」の特化型サイトを作成したとします。一見これは特化型のような気もしますが、トレンド要素も十分にあるんですね。

例えば、熱愛」「不祥事」「放送事故」「暴言」のほか、ライブ」や「楽曲発売時期」にもアクセスは爆発的に上がります。

“え?トレンドサイトでAKBの熱愛や不祥事があった時だけ記事を書けばいいのでは?”というような疑問が生まれるかもしれませんが、日頃からAKBの記事だけを書いているサイトに付け焼き刃で書いた記事で対抗できる訳がないですよね。

つまり、特化型トレンドサイトでは安定的なアクセスを獲得できるとともに、トレンドになる話題があった場合、上位を獲得し易いというメリットもある訳です。

特化型トレンドサイトのアクセス推移

まずは、PV数の推移ですが、12月から運営し始めたサイトの4月13日午前までのデータです。(厳密には11月28日からですが11月は省きます)

【12月のPV数】

特化型トレンドアフィリエイト①

12月には2回ほどトレンドとなる話題があったので、一時的にアクセスが上がっているのが分かるかと思います。

【1月のPV数】

特化型トレンドアフィリエイト②

1月にはトレンド情報の中でも割と大きなことがあったので、2万PV近く行く日がありました。

【2月のPV数】

特化型トレンドアフィリエイト③

2月には目立ったトレンドはありませんでしたが、SEO効果によりPV数が右肩上がりに伸びています。

【3月のPV数】

特化型トレンドアフィリエイト④

この時点で検索エンジンの順位が安定してきたので、3月には6記事しか書いていません。しかしPV数はほとんど毎日1万以上を獲得し続けています。

【4月のPV数】(現時点の13日午前中まで)

特化型トレンドアフィリエイト⑤

4月には運営しているサイトが若年層向けということもあり、新学期開始あたりから若干PV数が減りましたが、土日には通常どおり1万3千程度までいったので問題ありません。

気になる記事数ですが、以下のように1日1記事も全然書いていません笑。だいたい1日に0.5記事程度です。

特化型トレンドアフィリエイト

アドセンスは規約上公開することができないのですが、このサイトだけでどれほどの収益を得ているかはPV数を見ればおよそ想像がつくかと思います。現在、他サイトの運営なども同時に行っているのでなかなか手が回りませんが、しっかり記事を入れれば2万,3万PVなんて余裕で行くかと思います。(たらればですが笑)

上記のデータを見ていただいて、特化型トレンドサイトの意味が分かっていただけたでしょうか?安定したアクセスと定期的なアクセスの上昇がありますよね。

余談ですが、2月には企業からの依頼もありました。

特化型トレンドアフィリエイト⑥

この企業ですが、業界ではかなり有名な出版社です。

以上になりますが、この特化型トレンドアフィリエイトを通して今後完成予定の企画では、より本質的な部分をお伝えできるかと思います。

僕はコンテンツSEOを第一優先として情報を発信していますが、以前のトレンドアフィリエイトの手法だと【SEO】という要素がほとんど影響してこないんですね。

なので今回はライティングやSEOなどの一生使えるスキルを中心に組み立てていこうと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*