特化型トレンドアフィリエイトがペナルティを受け辛い理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回は「なぜ特化型トレンドアフィリエイトはペナルティを受け辛いのか」ということをテーマに記事を書いていこうと思います。

今現在、アフィリエイトの入門、そして実績をつけるための手段としてトレンドアフィリエイトが最もポピュラーかと思いますが、それだけに安易に実践しているとペナルティという絶望的な状況に陥ることがあります。

ペナルティの受けやすさで言うと、トレンドアフィリエイトは間違いなく上位に食い込んできますが、なぜそのようになってしまうのか、そして特化型トレンドアフィリエイトはなぜ回避できるのか、そこら辺に触れていこうと思います。

特化型トレンドアフィリエイトとGoogleペナルティについて

そもそも特化型トレンドアフィリエイトやGoogleペナルティについてよく分からないという方は『特化型トレンドアフィリエイトとは』『Googleペナルティとは』に目を通しておくと良いかと思います。

 

2つのトレンドアフィリエイトの相違点

まずは2つのトレンドアフィリエイトの相違点をまとめてみます。

明確に違うといえるのは『PV数の獲得方法』にあります。“いきなりペナルティの話からPVの話?”と思われるかもしれませんが、最初に説明する必要があります笑。

(五段階評価)

トレンドアフィリエイト(主なPV獲得方法)
SEO ★★☆☆☆
トレンド ★★★★★
特化型トレンドアフィリエイト(主なPV獲得方法)
SEO ★★★★★
トレンド ★★☆☆☆

このようにPV数の獲得方法は対照的なんですね。それでは具体的に説明していきます。

トレンドアフィリエイトのPV獲得方法

まずは基本的なPV数の稼ぎ方ですが、書いて字のごとく流行』『旬』『話題となっている情報をメインに記事にしていきます。

今更いうまでもないですが、当然上記のような情報には人々の関心が向いているので、爆発的な検索数となるわけで、検索上位を獲得できればPV数も必然的に上がるということです。

では、「SEOは必要あるのか?」という疑問が生まれます。

結論から言えば、SEOの知識や技術そして考え方などを駆使していくのがベストではありますが、トレンドアフィリエイトを実践したことがある方であれば、SEOという概念がさほど介入しない状況になることは理解できるかと思います。

これがトレンドアフィリエイト実践者がペナルティを多く受けているという事態に直結しているのですが、SEOどころか記事内容がペラッペラになりがちなんですね。

なぜなら日々「Googleトレンド」「Yahooリアルタイム」「2chニュース速報」その他、様々な速報系サイトなどから記事になりうる情報を選別していくわけですが、仮に記事にする情報が決定されたとしても、その情報に対する知識は全くないですよね。

SEOにおいて最も重要なことは、【ユーザーに対して、100パーセント以上の価値を提供し、より満足してもらえるようコンテンツ作成を行う】ということになりますが、そもそも記事の作者が情報について知らない状況なので、ユーザーが満足できる記事を書くことはなかなか難しいと言えるでしょう。

逆に時間をかけて調査をし、ユーザー目線で書いた場合ですが、すでにトレンドではなくなっている可能性も大いにあります。

例えば以下のグラフを見てください。

トレンドアフィリエイト

これはあるキーワードでのツイート数の推移を表していますが、15時頃に何かの拍子で一時的にツイートが増加していますが、17時頃にはすでに収束しています。

つまり、一概には言えませんがトレンドアフィリエイトにおいてスピードという要素は非常に大きなウエイトを占めているんですね。

ニュース番組をイメージしていただければ分かりやすいでしょうか。速報に重ねる速報で他局と争っていますよね。

まとめると、トレンアフィリエイトでは「話題性」「スピード」などを駆使してPVを獲得していくことになります。

もちろん他サイトとの差別化が必要とされますが、何か話題になった時の検索エンジンを覗いてみてください。1ページ目には2ch転載サイトが乱立、2ページ目以降もコンテンツが似ているどころかタイトルまでほとんど同じ記事が乱立していますよね。

つまり、トレンドアフィリエイト実践者に差別化という概念はほとんどなくスピードがPV数を獲得する上で最大の要素になりがちであるのが現状です。

特化型トレンドアフィリエイトのPV獲得方法

特化型では、SEOをメインとしてコンテンツを作成していきます。詳しくは冒頭に載せた『特化型トレンドアフィリエイトとは』という記事のアナリティクスのデータを見ていただければ分かるかと思いますが、SEOで基盤を固めて定期的なトレンドでさらにPV数を上乗せしていきます。

つまり、前者と後者の大きな違いは「トレンドを母体にPVを獲得するか」「SEOを母体にPVを獲得するか」になります。

なぜトレンドアフィリエイトはペナルティを受け易いのか?

そもそもペナルティを受ける理由はGoogleのウェブマスター向けガイドラインに抵触しているからであり、しっかりと把握しておく必要性があります。

代表的なものは以下になるかと思います。

  • 背景色と文字色を同じにするなどの隠しテキストや隠しリンクの作成
  • コンテンツ内に過度のキーワードの詰め込み
  • 自動で作られたページの使用
  • オリジナリティのあるコンテンツが乏しい
  • SEO目的でのリンクの購入や販売

これらを確認した後で再度トレンドアフィリエイトの特色について考察してみましょう。

スピードを意識する余り、「内容が薄い」「他サイトと似ている」などの欠点が出やすいと先ほど話しましたが、これらが原因で「オリジナリティのあるコンテンツが乏しい」に抵触してしまうことが多々あるんですね。

特にGoogleは「ユーザーの満足度」に対して並々ならぬ理念を持ってシステムを開発しているので、極論を言えば「似たような100記事」よりも「オリジナリティのある1記事」の方が評価は高くなります。

つまり、「似たような100記事」に属している場合、ペナルティの対象になる可能性が大いにあります。

上記の内容が、トレンドアフィリエイトでペナルティをもらう主な原因になるかと思います。

逆に、特化型トレンドアフィリエイトではSEOを母体としてコンテンツを作成していくので、というよりもその必要性があるので、必然的にペナルティを受ける可能性が低くなります。

まとめ

  • トレンドアフィリエイトはペナルティを受け易い
  • 特化型トレンドアフィリエイトはペナルティを受け辛い

簡単にまとめるとこのようになります。

僕は両方とも実践してきましたが、確かにトレンドアフィリエイトの方が爆発的な収益の伸びは期待できます。しかし、様々なリスクや労力を考慮した場合、個人的には特化型の方がオススメです。

まぁ今回は『ペナルティ』が題材なので、仮にトレンドアフィリエイトを実践するにせよ、ガイドラインを把握し極力オリジナリティのある、そしてユーザーのニーズを満たすコンテンツ作成を心掛けると良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*