WordPressでブログを運営するべき7つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログを運営している人なら、WordPressというブログサービスをほとんどの人が聞いた事があるかと思います。

その理由は単純明快で、以下の表のように世界で最も利用者比率が高いので、当然耳にする機会も増えるからです。

世界のブログ利用者数比率

Pingdom AB. The blog platforms of choice among the top 100 blogs.(英語)”

では、なぜWordPressが根強い人気を誇り、年々利用者を増加させているのか。

その魅力の秘密からインストール方法まで、そして無料ブログ(アメブロ、FC2,seesaa)で主軸となるメインブログを運営している場合の危険性について、僕自身の実体験を基に書いていこうかと思います。

 

1.WordPressとは?

 

WordPress

 

そもそもWordPressとはどのようなサービスなのでしょうか。

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している

Wikipedia

このようにウィキペディアでは言われていますが、僕がWordPressを説明するならば一言で「有料ブログ」と言います。

むしろ有料ブログと言えばWordPressと言っても過言では無いかと思います笑。それほど知名度も人気も高いですから。

 

1-1.WordPressの7つの魅力

 

何故、それ程までにWordPressが支持されているのか気になりますよね。と言う事で、WordPressの代表的な魅力を7つ挙げていこうかと思います。

 

1-1-1.独自ドメインと独自サーバーでの運営

 

通常無料で提供されているAmebaブログ、FC2ブログ、seesaaブログなどでは、ブログサービスを提供している企業側がドメインやサーバーなど全てを管理しています。

それに対してWordPressでは独自にドメイン取得やサーバーレンタルをしなければならない訳です。

 

こう聞くと無料ブログの方が魅力的ですよね。ですが、無料ブログはこの時点でリスクを背負っている事になります。

例えば僕がこのブログを始めた当初、同時にFC2で【ネットビジネス奮闘記】のような内容のブログを運営していました。

大体2ヶ月程運営して、1日500〜1000PVぐらいのブログに成長したので「そろそろ金稼ぐか」と意気込んだ訳です笑。

 

それで、とある商材の広告を載せたんですね。

その次の日の朝にウキウキしながらASPの成果報酬を見てみると「0円」。。。。

え?これだけ読者いて1円も発生しないの!?とネットビジネスの厳しさに直面しました。

3時間程ヘコんだ後、もっと良い記事を書けるようになってからお金は稼げば良い、と自分に言い聞かせて再度ブログを書き続ける事にしました。

 

が、しかし凍結。笑

FC2ブログ 凍結

 

もう笑うしかなかったですね。。。

そもそも何を基準に凍結されたのか全く理解する事ができませんでした。

これで2ヶ月間、毎日2000文字程の記事を2記事は必ず書き続けていた、そして1日のPV数500〜1000のブログが一瞬で溶けてしまった訳です。

 

もうお分かりかと思いますが、運営側にドメインとサーバーの管理を支配されているとこういう事が平気で起きるんですね。

Amebaブログでも記事単体だけ凍結されている場面なんかよく見かけますよね。

これに対して独自ドメインと独自サーバーを使って運営しているWordPressでは上記のような事は起こりません。なぜならあなたが全ての実権を握る運営者だからです。

 

つまり、あなたがずっと付き合って行く可能性があるブログ、あるいはメインで運営していくブログには必ず独自ドメインと独自サーバーを用意して運営した方が絶対的に良いと言う事です。

僕みたいに訳も分からず凍結される可能性も十分にありますから。

 

1-1-2.ピンからキリまでカスタマイズできる

 

WordPressが多く利用される要因の1つにカスタマイズ性の自由度の高さがあります。

ネットで検索するだけで大概の事ができますし、少しPHPの勉強をすれば0からサイトをあなたの好きなように構築することもできます。さらにテンプレートを変えるだけのワンクリック作業でデザインを全く違うものにする事もできます。

 

こう言った事から多くの企業や個人にも使用されています。

 

例えば「マイナビウーマン」のHPもWordPressで構築されています。

スクリーンショット 2014-09-06 19.10.32

そして、IT業界では言わずと知れたホリエモンさんのHP「HORIEMON.COM」もWordPressです。

スクリーンショット 2014-09-06 19.14.56

さらには、「国土交通省」のHPもWordPressで構築されています。

スクリーンショット 2014-09-06 19.15.36

 

このように様々な属性の企業や個人でも利用されているんですね。

SEO上の効果や複数人で運営できると言う事もありますが、やはりカスタマイズを徹底的に自分好みにできると言う事が、企業や有名個人に利用者が多い1つの要因となっています。

 

1-1-3.プラグインで機能拡張

 

プラグイン機能だけでもWordPressを使う価値は十分にある。と言っても過言ではない程、WordPressのプラグインは優秀です。

 

[titled_box color=”white” title=”プラグインとは?”]ほとんどのソフトウェアには後からプログラムを追加する拡張機能が備わっていて、その後から追加するプログラムがプラグイン[/titled_box]

 

僕はよくプラグインの事を「ドラえもんのポケット」と言っているのですが、それほど「この機能が欲しい!」と思った時にドンピシャのプラグインが存在しています。

例えば

  • SEO対策したい⇒All in one SEO Pack
  • ソーシャルボタンを付けたい⇒WP Social Bookmarking Light
  • スパムメールがウザい⇒Akismet
  • お問い合わせ機能が欲しい⇒Contact Form7
  • ブログで投稿した記事をソーシャルでも同時投稿したい⇒Jetpack

このように欲しいと思った機能は大概あります。

なぜならWordPressに公式に登録されている無料プラグインだけでも24,000個以上あるからなんです。

 

ではWordPress以外の有料ブログだとどうでしょうか。

やはりプラグイン開発者も、より需要のある所に提供したいのでシェア率が圧倒的に高いワードプレスにプラグインが充実していくんですね。

 

つまり、ストレス無く思い通りにブログを運営して行きたいのであれば、WordPressの一択しかないと言う事です。

 

1-1-4.テンプレートの充実

 

WordPressでは17,000個以上のテンプレートがあります。さらに外部から提供されているテンプレートも充実されています。

 

[titled_box color=”white” title=”テンプレートとは?”]レイアウトと外観を決めるツール[/titled_box]

 

先ほども言いましたが、このテンプレートを変更するだけで簡単にデザインを一新する事が出来ます。

無料ブログのように、大枠が決まっていたり広告が設置されていたりする事もないので、根本からデザインを変更することができます。

例えば、この2つ。

スクリーンショット 2014-09-06 20.26.37 スクリーンショット 2014-09-06 20.28.04

これテンプレートを変更しただけで他は何も変えていないのですが、全く違うデザインになりましたよね笑。

このように莫大な数あるテンプレートからあなた好みのデザインに簡単に変える事ができます。

 

1-1-5.投稿機能が快適

 

ブログサービスを利用する事の本質と言えば、当然記事を投稿する事です。しかし多くのブログサービスの場合、機能が乏しかったり不便な事が多々あります。

それに対してWordPressでは、直感的な操作と投稿機能を充実させるTinyMCE Advancedなどのプラグインもあります。

WordPressを利用した事が無い方は、あまり想像ができないかもしれませんが、WordPressから記事投稿した後に無料ブログで記事投稿をすると、物凄いストレスが貯まります笑。

 

これに関しては実際に使ってみて下さいとしか言いようがないのですが、使い込めば使い込む程、違いが分かります。

 

1-1-6.商用利用の自由

 

WordPressでは「オープンソース」と言われるライセンス形式をとっています。

 

[titled_box color=”white” title=”オープンソースとは?”]ソフトウェアの設計図でもあるソースコードを無償で改良したり制作したりできる事[/titled_box]

 

多くの無料ブログではオープンソース形式をとっていません。特にAmebaブログでは完全に商用利用は禁止されていますし、他の「商用利用OK」を謳っているブログサービスでもほとんどの場合、制限がかかっています。

 

ただし、WordPressでは全く制限もないので、完全に自由に商用利用する事ができます。

例えば、サイト内で直接商品を販売する事もできますし、転売、アフィリエイトなども自由に行う事ができます。

ですので、本格的にビジネスをやりたいと言うのであれば、必ずしもオープンソース機能のあるWordPressで運営していく必要性が出てくるんですね。

 

1-1-7.ブログサービスの中で最もSEO上有利

 

なぜSEO上、最も有利なのか。そしてなぜそのような事が分かるのか。

答えは簡単でGoogleの検索エンジン担当の最高責任者であるMatt Cutts(マット・カッツ)氏が以下のように言っているからなんですね。

Googleでよい結果を残したいなら、WordPressは賢い選択。WordPressは、その技巧の80-90%をSEOに対して気遣っている。

WordPressを使えばそれだけで上位表示できるということではなく、WordPressにはSEOに適した仕組みがたくさん備わっているうえに、簡単に使えるということでしょう。

WordCamp 2009 San Francisco

 

Googleの検索エンジン担当の最高責任者が公言しているんですから、これ以上の証拠はないですよね笑。

マット・カッツ氏本人もWordPressでブログを運営していますし。

 

つまりSEOを本格的に行っていき、検索エンジンから集客したいのであればWordPress以外の選択は最初から出遅れていると言う事です。

試しにあなたが何となく思い立ったワードで検索をかけてみて下さい。おそらく上位を独占しているのはWordPressからの投稿で、無料ブログはほとんど無いはずです。

 

1-2.WordPressのデメリット

 

散々メリットを挙げてきたので、少しデメリットも言っておきます。(ほとんどないですが笑)

 

1-2-1.最初はインデックスが遅くSEO上不利

 

ブログを開設してから約2〜3ヶ月は無料ブログの方がSEO上有利だと言われています。

その理由として無料ブログでは登録する事自体に、SEO効果とインデックススピードが早いという特典があるからです。

ですが、これも最初だけでWordPressの投稿が充実してくるとすぐに逆転するので、短期的に商品を売りたいとかアフィリエイトをしたいと言うのであれば、無料ブログの方が効果的かと思います。

 

1-2-2.費用がかかる

 

WordPressでは独自ドメイン取得とサーバーレンタルに、それぞれ費用がかかります。

具体的には

  • ドメイン=年間1500円程度
  • サーバー=月額1000円程度

費用がかかると言ってもこの程度なんですね。一回飲み会に行くのを我慢すれば、約半年は運営ます笑。

 

※サーバーレンタル会社によっては初期費用がかかる場合もあります。

 

2.WordPressのインストール方法

 

WordPress インストール

 

WordPressの運営までには3つのステップがあります。

  1. サーバーレンタル
  2. ドメインの取得
  3. WordPressのインストール

この3段階になるのですが、ステップ1〜3までの手順をワードプレスの開設方法で動画形式で解説しているので参考にしてみて下さい。

思っている以上に簡単なので、おそらく数時間程度でもうあなたはWordPressに記事投稿できている状況にあるかと思います。

 

※ドメインの反映に時間がかかる場合があります。

 

まとめ

 

・WordPressの魅力

  1. 独自ドメインと独自サーバーでの運営(凍結無し)
  2. カスタマイズの自由度が高い
  3. プラグインの充実
  4. テンプレートの充実
  5. 投稿機能が快適
  6. 商用利用の自由
  7. SEO上最も有利

・WordPressのデメリット

  1. 最初はインデックスが遅くSEO上不利
  2. 費用がかかる

 

マット・カッツ氏のように影響力や説得力など全然ないですが、僕自身WordPressでブログを運営する事を強くオススメしています。

まだ利用した事が無い人は、この機会に是非WordPressライフを始めて見て下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*