例外なく導入すべきWordPressプラグイン14選【最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WordPressには公式に登録されている無料のプラグインだけでも24,000個以上あると言われています。

正直これだけあると、逆に何を使っていか分からないですよね。
おそらく当記事を読んで下さっている方も“オススメのプラグインないかなー”とたどり着いたのではないでしょうか?

さて、24,000個以上あると言っても、さすがに全て使えるわけではなく、ガラクタのようなプラグインも多々あります。

そこで今回は実際に使ってみて、確実に、間違いなく人に紹介できるというプラグインのみを厳選して紹介します。

WordPressの集客効果を上げるプラグイン

ここではSEO面、ソーシャル面から最大限にWordPressの集客効果を上げるプラグインを紹介します。

All in One SEO Pack

このプラグインは

  • SEOの設定(メタタグなど)
  • OGPの設定(ソーシャルでの拡散を誘発)
  • XMLの設定(クローラーの巡回を最適化)

これらの非常に重要な項目を、All in One SEO Packプラグインだけで設定することができる優秀プラグインです。

プラグインの導入⇨All in One SEO Packの使い方と設定の全て

Jetpack by WordPress.com

All in One SEO Packに並んで、非常に優秀なプラグインで、30以上の機能をこのプラグインだけで管理することができます。

例えば、

  • アクセス解析
  • WordPressの投稿をソーシャルメディアに同時投稿
  • コンタクトフォームの生成
  • 購読ウィジェットの設置

など、役に立つ機能が充実しています。

プラグインの導入⇨Jetpack by WordPress.comの使い方【詳細解説】

WP Social Bookmarking Light

このプラグインを導入すれば、簡単に好きな箇所にソーシャルボタン(拡散用)を設置することができます。

ブログやサイトにソーシャルボタンを設置しない理由は無いので、必ず導入しておくことをオススメします。

プラグインの導入⇨WP Social Bookmarking Lightの使い方

WordPressのサイト内を快適にするプラグイン

WordPressのサイト内は、訪れるユーザーのために快適にしておく必要があるので、以下のプラグインで快適にしておきましょう。

PS Auto Sitemap

このプラグインは導入して、少し設定を行えば、一括でサイトマップ(目次)を作成することができます。

プラグインの導入⇨WordPressにサイトマップを生成するプラグインPS Auto Sitemapの設定方法

Table of Contents Plus

Table of Contents Plusは記事内に自動で目次を生成してくれるプラグインです。ちなみにこの記事の目次も、このプラグインで作成しています。

プラグインの導入⇨Table of Contents Plus – 目次を自動生成するプラグイン

Contact Form 7

このプラグインでは、簡単にお問い合わせページを作成することができます。これもサイト運営には必須なので、導入しておきましょう。

プラグインの導入⇨WordPressプラグイン「Contact Form 7」の使い方

尚、問い合わせからスパムメールが大量にくる場合は、
お問い合わせフォームから送られてくるスパムメール対策【Contact Form 7】の方法で対処して下さい。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは人気記事ランキングを自動で生成することができます。PV数や滞在時間を上げるのに、非常に効果があります。

プラグインの導入⇨WordPress Popular Posts|人気記事を表示させるプラグインの設定方法

WordPress Related Posts

このプラグインは記事下に関連記事を生成してくれます。Wordpress Popular Postsと同様にPV数や滞在時間を上げる効果があります。

プラグインの導入⇨WordPress Related Postsの設定方法

WordPressの速度上昇プラグイン

ここではWordPressの表示速度や記事のインデックス速度を上げるプラグインを紹介します。

Lazy Load

通常WordPressでは、画像を読み込んだ後にページを読み込みますが、その順序を真逆にし、表示速度を上げるプラグインです。

プラグインの導入⇨Lazy Load|ページ速度を高速にするプラグイン

EWWW Image Optimizer

画像の使用もサイト内やページを重くさせる要因になります。しかしこのプラグインを使用すれば自動で画像のファイルサイズを圧縮してくれるので非常に便利です。

プラグインの導入⇨EWWW Image Optimizerで表示速度を高速化!

W3 Total Cache

W3 Total Cacheは、WordPressへのキャッシュの導入とキャッシュクリア、そしてサーバー管理を簡単に行う事が出来ます。キャッシュの使用はサイト内を軽くし、表示速度を改善します。

プラグインの導入⇨W3 Total Cache|読み込み速度がヤバくなる件

PuSHPress

通常Googleの検索結果にインデックスさせるためには、クローラーの巡回を待つことになりますが、PuSHPressを利用すれば簡単にインデックス速度を早める事ができます。

インストールするだけなので、おすすめです。

プラグインの導入⇨PuSHPress – インデックス速度を劇的に上げるプラグイン

WordPressのセキュリイティを強化するプラグイン

WordPressを運営していると、気づかぬ内にハッキング被害にあったりします。個人の情報だけならまだしも、クライアントの情報までも抜き取られる可能性があるので、セキュリティにも気を使っておく必要があります。

Login LockDown

このプラグインを導入しておけば、ログイン試行回数などを制限することができるので、限りなく不正アクセスの可能性が下がります。

プラグインの導入⇨Login LockDownプラグインの設定方法

Crazy Bone

Crazy Boneは不正にアクセスを試みた相手や不正アクセスに成功した相手を監視することができます。

プラグインの導入⇨Crazy Boneの使い方

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回紹介したプラグインは以下になります。

  1. All in One SEO Pack
  2. Jetpack by WordPress.com
  3. WP Social Bookmarking Light
  4. PS Auto Sitemap
  5. Table of Contents Plus
  6. Contact Form 7
  7. WordPress Popular Posts
  8. WordPress Related Posts
  9. Lazy Load
  10. EWWW Image Optimizer
  11. W3 Total Cache
  12. PuSHPress
  13. Login LockDown
  14. Crazy Bone

以上になります。
どれも使って損はないプラグインなので、是非導入してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*