WordPress Popular Posts|人気記事を表示させるプラグインの設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログを運営するのであれば関連記事の表示と共に、人気記事の設置も滞在時間やPV数を上げる必須事項となります。

僕のブログでの訪問者の動きを分析してみると、

  1. 目的の記事(検索エンジンより)
  2. 人気記事
  3. カテゴリー
  4. プロフィール

このような順序で訪問者が動いている場合が多くなっています。
つまり訪問者にとって人気記事という項目は非常に大きな指標となる訳なんですね。

 

今回紹介するWordpress Popular Postsは過去に使ってきた人気記事プラグインでは一番簡単で使い勝手も良くオススメなので、是非導入してみて下さい。

 

WordPress popular posts

 

動画マニュアル

 

※動画内では「Post Type(s)」のPostを固定ページと言っていますが、正確には投稿ページです。

プラグインのスペルはこちらをコピペして検索をかけて下さい
WordPress Popular Posts

ローカルからダウンロードする方はこちら
WordPress Popular Posts

 

WordPress Popular Postsのインストール方法

 

まずは「ダッシュボード」⇒「プラグイン」⇒「新規追加」の順に進みます。

Wordpress Popular Posts1

 

次に「Wordpress Popular Posts」と入力して検索をかけます。

Wordpress Popular Posts2

※動画内の画面と異なりますが、WordPressのアップデートによるものなので特に操作は変わりません。

 

似たようなプラグインがありますが、「Wordpress Popular Posts」を探して「いますぐインストール」をクリックします。

Wordpress Popular Posts3

 

最後に「プラグインを有効化」をクリックしてインストールは完了です。

Wordpress Popular Posts4

 

WordPress Popular Postsの設置方法

 

インストールが完了しましたら、再度「ダッシュボード」に戻って「外観」⇒「ウィジェット」と進みます。

Wordpress Popular Posts5

 

そうすると画像のように「Wordpress Popular Posts」の項目が追加されている事を確認して下さい。

Wordpress Popular Posts6

※お使いのテンプレートによって異なる場合があります。

 

設置方法は簡単で、人気記事を表示させたい箇所に「Wordpress Popular Posts」の項目をドラッグ&ドロップするだけです。

Wordpress Popular Posts7

 

この段階で設置は完了です。

 

WordPress Popular Postsの設定方法

 

続いて各設定に行きます。
各項目の意味は画像の下の表を参考にして下さい。

スクリーンショット 2014-09-09 20.46.06

Title: ウィジェットのタイトル
Show up to: 表示させる記事の数
Sort posts by: 人気記事に表示させる評価基準

  • コメント⇒コメントの総数
  • 累積閲覧数⇒記事閲覧の総数
  • 1日の平均閲覧数⇒1日での記事閲覧の総数

 

スクリーンショット 2014-09-09 19.39.38

Time Range: 人気記事を選出する期間

  • 過去24時間
  • 過去1週間
  • 過去1ヶ月
  • 累積
Post Type(s): 人気記事に表示させる記事タイプ

  • post⇒投稿ページのみ
  • page⇒固定ページのみ
  • post,page⇒投稿と固定

※両方表示させる場合はカンマ(,)で区切る

Post(s)ID(s)to exclude: 表示させない記事を指定ex)1354,1100,123

※複数の場合はカンマ(,)で区切る
※IDは記事URLの右端についている数字です

Category(ies)ID(s): 特定のカテゴリーのみ表示させるex)12,11,3

※複数の場合はカンマ(,)で区切る
※IDは「投稿」⇒「カテゴリー」⇒「カウント」で確認できます

Author(s)ID(s): 投稿者の指定※IDの取得方法は投稿者IDを取得する方法を参考にして下さい。

※ 「Display only posts published within the selected Time Range」にチェックを入れると設定した期間内で書かれた記事で集計されます。逆にチェックを入れないと、全ての記事の中で設定した期間内での集計を行います。

 

スクリーンショット 2014-09-09 21.32.54

投稿設定 タイトルを短縮する⇒文字数を制限
抜粋を表示する⇒記事の抜粋を表示
投稿サムネールを表示する⇒サムネールを表示し大きさを指定する

 

スクリーンショット 2014-09-09 19.40.03

統計タグ設定 コメント数を表示する
閲覧数を表示する
投稿者を表示⇒投稿者の名前を表示
日付を表示⇒各スタイルから選択して日付を表示
カテゴリを表示する
HTMLマークアップの設定 CSS設定などが可能

 

全て設定し終わったら保存をクリックして完了です。

 

※すぐに人気記事が表示されない場合がありますが、時間が経つと表示されるようになります。(遅くても1日程度)

 

まとめ

 

滞在時間とPV数を上げるために人気記事ランキングは必須ですので是非導入してみて下さい。

そして関連記事と合わせて設置すると、より効果があります。関連記事の導入と設定方法はこちら⇒WordPress Related Postsの設定方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*