ワードプレスでリンク切れを自動検出する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今回はワードプレスに投稿した記事内にリンク切れの記事があるかどうかを、
自動で検出してくれるプラグインの導入の仕方について解説して行きたいと思います。

もし、このプラグインを導入しないで手動でやろうとすると、
手間と苦労が物凄い膨大になってしまうので、必ず導入しましょう。

 

なお、リンク切れの記事が存在すると、あまりGoogleに良い印象を持たれずにSEOに不利となる可能性も出てくるので、必ず全ての記事のリンクが正常に機能している状態で運営して行って下さい。

 

リンク切れを検出するプラグイン

こちらをコピー&ペーストして使って下さい
Broken Link Checker

 

先ほどの動画では、リンク切れの項目が無かったのですが、
もしリンク切れを起こしている場合はこういった感じになります。
スクリーンショット 2014-04-26 17.07.04

 

リンクについて

 

今回の講義ではリンク切れの検出方法をレクチャーしてきましたが、
補足としてリンクの効果的な使い方を紹介したいと思います。

 

一番効果的なのが、
記事内に他の自分の記事のリンクを貼る事です。

 

「まだ見ていない人はこちら」

みたいなものをよく見ますよね。

 

これは何をやっているかというと
SEO対策なんです。

 

Googleのアルゴリズムの中に、
閲覧者の滞在時間が長い、あるいは閲覧ページが多いブログやサイトを良質なブログサイトと見なして、検索結果の上位に表示させると言ったものがあります。

 

つまり、一つの記事内に別の記事のリンクを載せる事により
滞在時間と閲覧ページを増やすのに効果があると言う事です。

 

ただし、注意点があって
やたらめったらリンクを貼りまくっていたら、閲覧者もめんどくさくなってしまい、逆にすぐブラウザを閉じてしまう可能性もありますので、あくまで自然な流れでリンクを貼って行くと良いかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*